山口県は住民税が高い!?

シェアする

business_zei

こんにちは。ユウです。

時々、次のような話を聞くことがあります。

「A市から隣のB市に引っ越したら給料から天引きされる住民税の額が上がった。B市は住民税が高いね。」

実際、そのようなことはあるのでしょうか?


原則として個人住民税は全国一律

まず始めにお断りしておきますが、ここでは個人が納める個人住民税について話を進めていきます


個人住民税は均等割所得割で構成されます。

均等割

所得の額にかかわらず一定額が課税されるもの。

平成26年度から平成35年度までの均等割額は次のとおりです。

・道府県民税および都民税 1,500円

・市町村民税および特別区民税 3,500円


所得割

所得に比例して課税されるもの。

(所得金額-所得控除額)×10%

10%の内訳は次のとおりです。

・道府県民税および都民税 4%

・市町村民税および特別区民税 6%


原則としてこれらの数字は全国一律です。


例外のない原則はない

原則は上記のとおりなのですが、その数字は条例により変えることができます。

つまり、自治体により異なる場合があるということです。


山口県の県民税の均等割

山口県の県民税の均等割の税額は2,000円(平成28年度)となっています。

上記の数字1,500円より500円高いですね。

これは、「やまぐち森林づくり県民税」の分が500円上乗せされているからです。

やまぐち森林づくり県民税の概要はこちらをご覧ください (別ウィンドウ)


ちなみに、平成28年度現在、主な自治体の均等割の税額は下記のとおりです。

東京都 1,500円

大阪府 1,800円


また、名古屋市のように所得割の税率(5.7%)を条例により変更している自治体もあります。


結論

上記のとおり、山口県は住民税が高いというのは事実です

500円ですが。


また、引っ越したら住民税が高くなるということもあり得ます

しかし、多くの場合、自治体による税率の差よりも、本人の所得が増えたことによるものである可能性が高いでしょう

例えば、月給が5,000円アップすれば所得が年額60,000円増え、住民税の所得割(10%)が6,000円増えることになります。


したがって、住む場所を決める際に、住民税の税率の比較はそれほど重要な要素ではなさそうです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする