「真逆(まぎゃく)」という言葉って昔から使われてたっけ?

シェアする

am500_sc048

こんにちは。ユウです。

最近よく耳にするようになったと思う言葉に「真逆(まぎゃく)」という言葉があります。

漢字からも推測できるように「まったく逆であること」というような意味で使われます。

私自身のボキャブラリーには含まれていなくて、使ったことはありませんでした。

そこで、ふと「昔から使われてたっけ?」と思ってしまいました。


広辞苑第5版で調べてみると

気になったので手元にある「広辞苑第5版」で調べてみると、なんと「真逆」という言葉は載っていませんでした

初版が1998年11月ですので、その当時には使われていなかった、あるいはそれほど一般的ではなかったということなのでしょう。

やっぱり、昔から使われていた言葉ではなかったんですね。

最新の広辞苑には載っているのかな?


Yahoo!辞書では

最新の情報を調べるにはやはりネット活用ということで、Yahoo!辞書で調べてみました。

すると、さすがに「真逆」という項目で掲載されていました。

ま‐ぎゃく【真逆】

[名・形動]《「逆」を強調した俗語》まったく逆であること。正反対なこと。また、そのさま。「前作とは性格が―の人物を演じる」


「逆」を強調した俗語》とあるように、やはり昔から使われている正式な言葉ではないようです。


このように、新しい言葉も広く使われるようになると、正式な言葉として辞書にも載るようになるのですね。

言葉って面白いです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする