優等生への憧れと自分の生きる道

シェアする

am500_an049

こんにちは。ユウです。

人の能力、才能はさまざまです。

才能のある人、才能のない人がいることは否めません。


優等生、劣等生

小学校に入る頃から実質的に優等生、劣等生のクラス分けはされてしまいます。

残念ながらわたしは劣等生でした。

勉強はできないし、忘れ物ばかりしていました。


優等生への憧れ

しかし、優等生への憧れはありました。

勉強がよくできるA君やスポーツが得意なB君のようになりたい。

そんな思いを抱いてはいましたが、能力の差というものはなかなか埋めることができませんでした。


諦めも肝心

残念ながら世の中、いくら努力しても埋められない差というものはあります。

それはそれで仕方ないことです。

あきらめも肝心でしょう。


自分の生きる道

かなわないと分かったら、選ぶ道は2つ。

二番手以下に甘んじて生きていくか、他の道でトップを目指すか。

それは人それぞれです。

すべての人がトップになれるわけではありません。

勝者の陰には無数の敗者がいるわけです。

自分が納得できる道を選ぶ以外にありません。


憧れと自分の進む道は別

私の場合は、優れた人への憧れは持ちつつも、自分が勝てる道を探し続けています。

やはり王道のエリートというものには憧れます。

できることならそうなりたいです。

しかし、自分にはそれは難しいようです。

なので、仕方なく自分が活躍できる場所を探しています。

なかなか、コレといったものが見つかりませんが…

いつか見つかる時を期待して、日々、努力をするのみです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする