住宅ローンの金利負担

シェアする

am100_fa003

こんにちは。ユウです。

マイホームを手に入れることは、多くの人のあこがれかもしれません。

マイホームを購入するとなると、同時に多くの人にとって、マイホームを買うのに住宅ローンの借り入れが伴うことでしょう。


多くの人が当たり前のようにローンを組んで住宅を購入していますが、どれくらいの利息を支払っているかを把握しているのでしょうか。

低金利の時代とは言え、かなり大きな額になりますよ。

住宅ローンは借入額が大きく、借入期間も長くなるため、その金利負担の額も大きくなります。

実際どのくらい大きくなるか計算してみると、次のとおりです。


(例)
借入額  2,000万円
利率   1%
借入期間 35年

この条件で計算すると、35年間の支払総額はおよそ2,380万円です。

元本の支払いが2,000万円ですから、それを引いた380万円が利息の支払いということになります。

1%という非常に低い利率でもこの金額です。

これが高金利になるとさらに大変な額になります。

ちなみに利率が2%だと約800万円、3%だと約1,257万円の利息となります。

恐ろしい額ですね。


これを別のことに使うことができれば、豊かな暮らしができることでしょう。

このような利息は手元には何も残さない支払いですので、できるだけ負担しないに越したことはありません。

できるだけ負担が少なくて済む方法を選択するようにしましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする