フリーランスが知っておきたい自営業者のための年金制度

シェアする

am500_fa037

こんにちは。ユウです。

会社員は厚生年金に加入し、退職後には基礎年金に加えて上乗せ分の年金を受け取ることができます。

一方、自営業者は国民年金の第1号被保険者となり、基礎年金のみの受給となります。


これは会社員には定年があるけど、自営業には定年はないという考えに基づくものです。

定年退職すると仕事で収入を得ることはできないけど、自営業なら稼ぎ続けることができるから年金で面倒を見る必要はないということですね。


たしかに、稼ぎ続けることができるなら問題はないのですが、年を取れば体力が衰え、稼ぐことができなくなるかもしれません。

そんなときに備えて、自営業者でも年金の受取額を増やす方法を知っておいた方が良いかもしれません。

そこで、付加年金国民年金基金をご紹介します。


付加年金とは

付加年金とは、国民年金の第1号被保険者(自営業者等)が国民年金に上乗せして受給するための年金制度です。


毎月の国民年金保険料に月額400円を加算して納付します。

これにより、老後に受け取る年金額に付加年金を加算した額を受け取ることができます。

受け取ることができる金額は次のとおりです。

付加年金の額=200円×付加年金保険料を支払った月数


30歳で自営業を始めて、付加保険料を30年間納付した場合には受取額は次のようになります。

200円×360月(30年)=72,000円

それに対して納付額は、

400円×360月(30年)=144,000円


老齢年金を2年間受給すれば元が取れることになります。

これはなかなかおトクですね!

とは言え、受け取れる最高額は年間72,000円(月額6,000円)。

年金の上乗せ分としては、ちょっと物足りないかもしれません。


国民年金基金とは

そこで、国民年金基金をご紹介します。

国民年金基金も付加年金と同じく、国民年金の第1号被保険者(自営業者等)が国民年金に上乗せして受給するための年金制度です。


こちらは最大で月額68,000円まで掛金を納めることができます。

掛金の額と受給額は加入時の年齢や加入するタイプによって異なります。

月額数万円を上乗せすることは可能です。


例えば、30歳で終身年金B型(65歳支給開始・保証期間なし)に1口加入した場合、次のようになります。

受取額は、月額20,000円で年額240,000円。

それに対する掛金は次のとおりです。

8,990円×360月(30年)=3,236,400円

元を取るには13年以上かかります。

受け取る金額は大きくなりますが、掛金も大きいというのが難点ですね。


両方に加入することはできない

付加年金と国民年金基金の2つの制度がありますが、注意が必要な点があります。

それは両方に加入することはできないということです。

金銭的に余裕があるのであれば国民年金基金に、余裕がなければ月額400円の付加年金に加入するのが良いかもしれません。

義務ではないので、どちらにも加入しないという選択もあります。


社会保険料控除の対象となる

どちらの掛金も社会保険料控除の対象となります。

納めた分が所得から差し引かれますので、所得税の負担が軽減できるということです。

お金に余裕があって銀行に預けておくだけというような状態なら、国民年金基金に加入しておいて損はないです。

今、納める税金が安くなって、将来、年金を受け取ることができますので。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする