ドリームジャンボ宝くじ1等の当選確率

シェアする

takarakuji

こんばんは。ユウです。

お金の話が好きな人は多いようですね(笑)

このブログの記事でも「山口県のサラリーマンの平均年収は?」という記事や「続・山口県のサラリーマンの平均年収は?」という記事がよく読まれているようです。

というわけで、今日はお金の話です。


ドリームジャンボ宝くじが発売

昨日、5月11日(水)からドリームジャンボ宝くじが発売されました。

なんと1等前後賞を合わせて7億円の賞金!

ななおくえんですよ(@_@)


1等の当選確率は?

7億円、確かにすごいですが、当たらなければ絵に描いた餅。

どれくらい当たりやすいものなのか、当選確率を調べてみました。

発売予定数は17ユニット。

その中に1等は17本。

つまり1ユニットにつき1本1等が当たるということですね。

1ユニットは1000万枚ということなので、1等の当選確率は1000万分の1。

山口県民約140万人全員が1人10枚ずつ買ったとして、当たるのは1人か2人か。

やはりドリームジャンボの名のとおり夢ですね…


ドリームジャンボミニ7000万なら

同時に発売のドリームジャンボミニ7000万なら、1等賞金が7000万円。

こっちなら金額が少ない分、当選確率は高いだろうと思い、こちらも調べてみました。

思ったとおり金額が10分の1なので、当選確率は10倍でした。

1等の当選確率は100万分の1です。

それでも山口県民約140万人全員が10枚ずつ買って14人ほど。

う~ん、厳しい。

って、まあ当たり前ですね。

そんなに簡単に当たれば苦労はしません。


幸運な人はいる

でも、高額な当選金に当たる人は実際にいるんですね。

たまたまタイミング良く、というかドリームジャンボの発売に合わせて放送したんでしょうが、こんなニュースを見つけました。


なんとまあ、否定的なコメントのオンパレード(^^;)

「ある日のスケジュール」のような生活はともかく、生活費の心配をする必要がなくなれば、人生の選択肢が増えるということは間違いないと思います。

浪費して使い果たすというようなことがなければ、充実した人生を送ることができるのではないでしょうか。

もっとも、高額当選金の当選者の大半が破産してしまうというようなデータもあるようです。

やっぱり慣れない大金を手にしてしまうと、人間狂ってしまうんですかね?

自分が当選したらどんな生活をするのか、夢を見るだけならタダです(笑)


スポンサーリンク

シェアする

フォローする